小豆之家

你屈从于已经存在的黑暗,而我屈从于尚未存在的黎明。

© 小豆之家
Powered by LOFTER

都合よく映されてた錯覚
自以为是的错觉
意味を失った言葉と自覚
失去了意义的言语与自觉
ぽっかり空いたこの穴は二度と
再次绽开的心中空洞
返してと泣き迷った路頭
哭到了不知所措

もういらないからいると邪魔だから
已经不需要了 存在都成麻烦了
言いはしないけど聞こえてる
虽然没有说出口我却能够听见
この気持ちが理解できますか
你能明白这种感受吗
もう嫌だ
已经够了

ずっとずっと続けばいいな
要是能够永远继续就好了
進む先の甘い幻想
对于进展结果的甜蜜幻想
ガラス越しの微かな光
透过玻璃的微弱光线
絡まって溶ける吐息
与叹息声交织在一起

深い深い眠りに落ちた
陷入了深深的安眠中
腕の中で描き続けた
在臂弯中不停描绘过
これが最初で最後の夢
这是最初也是最后的梦
無くなった私の場所だって
却消失了的我的容身之处 可是

信じてたんだ本気で
我曾真正相信过 不愿怀疑
疑うなんて嫌で
虽然隐约
離れていくような気がしたんだ
感觉到了疏远
だけど
但是
初めから全部嘘
从开始就全是谎言
近付いてなんかない
根本从未有过贴近
こんなに舞い上がって
却那样兴奋的我
馬鹿みたい
像个傻瓜一样

愛してたそう伝えたのは
曾和我说的我爱你
釣り上げるためのエサですか
只是引我上钩的钓饵吗
玩具箱の中詰められて
而被塞进了玩具箱
飽きたら捨てられるんですか
是我已被玩腻丢弃了吗

フェイント表は特別待遇
特别待遇的表面假像
ひっくり返せば利己主義態度
反面不过是利己主义的态度
代わりはいくらでもいたんだって
替代者数之不尽
気付かれた人形は即退場
而意识到的人偶立刻被淘汰
並べられるもの比べられるもの
被陈列着比较着
少し味見してすぐバイバイ
稍作品尝后立即分别
この気持ちが理解できますか
你能明白这种感受吗
さようなら
再见了

逃げられずについた傷跡
无法逃脱留下了伤痕
涙なんてもう出てこないや
眼泪也已经干涸
綺麗な誘いですら全て
连同一切美好的邀约
汚して見てしまうんだどうして
都已看来污浊不堪 为什么

扱いやすかっただけ
只是因为方便操控
何でも思い通り
一切都如他所愿
こんなにもなるまで転がされた私
变成这样却被推开的我
繰り返しの一粒
只被当做替代中千分之一的
消耗品扱い
消耗品
こんなに踊らされて馬鹿みたい
却被摆弄成这样真像个傻瓜

愛してるそう伝えたのは
说过的我深爱你
飼い慣らすためのエサですか
只是为了驯服我的钓饵吗
散々遊んだその後は
在尽情玩弄过后
捨てることすら忘れるんですか
连丢弃都忘记了吗


そんな軽いフレーズなんだね
不过那样简单的一句话啊
便利な道具だったんだね
还真是方便的道具呢
どんなに後悔したって
不管再怎样后悔
もう元には戻らない
都回不到最初了

愛してたそう伝えたのは
曾和我说的我爱你
釣り上げるためのエサでした
只是引我上钩的钓饵
中身なんかどうでもよくて
内在是怎样都无所谓
新しいものが欲しかっただけ
你不过是想换成新品

愛してるそう伝えたのは
说过的我深爱你
飼い慣らすためのエサでした
只是为了驯服我的钓饵
あなたにとっては遊びでも
即使对于你来说是在玩乐
私は一生背負い続ける
而我却要背负一生

都合よく映されてた錯覚
自以为是的错觉
意味を失った言葉と自覚
失去了意义的言语与自觉
ぽっかり空いたこの穴は二度と
再次绽开的心中空洞
返してと泣き迷った路頭
哭到了不知所措
もういらないからいると邪魔だから
已经不需要了 存在都成麻烦了
言いはしないけど聞こえてる
虽然没有说出口我却能够听见
この気持ちが理解できますか
你能明白这种感受吗
もう
已经
嫌だ
够了
フェイント表は特別待遇
特别待遇的表面假像
ひっくり返せば利己主義態度
反面不过是利己主义的态度
代わりはいくらでもいたんだって
替代者数之不尽
気付かれた人形は即退場
而意识到的人偶立刻被淘汰
並べられるもの比べられるもの
被陈列着比较着
少し味見してすぐバイバイ
稍作品尝后立即分别
この気持ちが理解できますか
你能明白这种感受吗
さようなら
再见了

小豆之家敬上!

评论
热度(1)